ストマックバンド

京都府の端っこからあなたへむけて発信中

【Netflix】オリジナルドラマ『火花』を今更見たので感想を書きました

こんにちは、モジャオです。

ピースの又吉先生が芥川賞を獲った『火花』、原作は読んでないけども、Netflixのオリジナルドラマを今更ながら全部見たので、感想というかレビューですね、書きたいと思います。

ストーリーの核心に迫る部分は書かないですが、多少のネタバレはあります。

 

 

f:id:afroqp:20171010143639j:plain

 

あらすじ

 

売れない芸人の徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人である神谷と電撃的に出会い強く惹かれ、「弟子にして下さい」と申し出た。神谷は天才肌であり、また人間味に富んだ人物。「いいよ」という答えの条件は「俺の伝記を書く」こと。神谷も徳永に心を開き、二人は頻繁に会って、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。吉祥寺の街を歩きまわりさまざまな人間と触れ合うのだったが、やがて二人の歩む道は決定的に異なっていく。

徳永は少しずつ売れていき、その一方で、神谷は少しずつ損なわれていくのだった。そしてある日、神谷は徳永をはじめ関わるすべての人々の前から借金を抱えたまま姿を消してしまう。神谷のいない日々を淡々と過ごす徳永。そして一年後、二人は再会するのだったが。お笑いという賑々しい世界の周辺で生きる女性たちの姿や、芸人の世界の厳しさも描きながら、驚くべきストーリー展開を見せる芥川賞受賞作。

 

主役の二人がコンビで漫才すんのかなって見る前は思ってたんだけど、実際は師弟関係。

林遣都が演じる徳永がスパークス、先輩の神谷を演じる波岡一喜があほんだらっていうコンビを組んでて、この二人を中心にストーリーが進みます。

 

 

評価 

 

3.5 / 5点

 

面白かったです。演技も漫才も上手だし、一気に見てしまうだけの勢いはありました。

ただ長い…長すぎる…

 

 

 

面白いけど退屈

 

f:id:afroqp:20171011160600j:plain

 

矛盾してるようだけど、ほんとにこんな感じ。

主人公の徳永と先輩の神谷をこれでもかってくらいに丁寧に掘り下げていくので、1話1話の進行がすごい遅いんですよ。

たっぷりの間をとって、なんでもないシーンをたくさん入れて。

もっとコンパクトにできるのに、あえてしてない。

NHKで地上波放送したら爆死したらしいけど、それも仕方ないなあって思うくらいに退屈。

ただその退屈な時間を貯めて貯めて、後半一気にぶつけてくるので、このやり方は間違ってないと思う。

 

 

演技が上手

やっぱり俳優さんは演技が上手!林遣都さんは人見知り芸人の徳永を上手に演じてたし、浪岡一喜さんは破天荒な神谷そのもの。

他に出てる俳優さんも芸人さんもみんな上手で、違和感は全くなかった。

でも一番よかったのは、主人公の相方を演じた好井まさお(井下好井)さん。本物のお笑い芸人。

 

f:id:afroqp:20171010150916j:plain

 

漫才がうまいんはもちろんやけど、普段の演技も素晴らしい。

ほんで個人的には何より顔が好き。もっと出番増やして欲しかった笑

 

 

リアルな東京の光と闇が秀逸

 

映画のような映像に、心にくるBGM。長回しで撮る感じも素晴らしかった。

素晴らしい技術で東京のきれいな部分と汚い部分を上手に写していて、よかったです。

 

リアリティもあって、お笑い芸人のテレビに映る華やかさと、売れない時代の格差。

ボクの好きな曲に「東京という街の地面はね 夢破れた奴らの屍で出来てる」っていう歌詞があるんだけど、まさにその絵が浮かびました。

ロケ地も忠実に選んでるみたいです。ボクは修学旅行でしか東京に行ったことないのであまりわからなかったけど。

 

 


MOROHA「三文銭」MV

 

 

最終話の漫才の為に

 

f:id:afroqp:20171011125424j:plain

 

第10話、最終話なんだけど、スパークスの漫才で始まります。

この漫才がほんとにすごい。

この為だけに、今までの無駄な、無駄って言ったらあれだけど、時間(溜め)があったんだなあって思うくらいに最高だった。

最初の漫才とは比べ物にならない完成度。ボロボロ泣いたし、めちゃくちゃ笑った。

泣き笑いっていうのをしたのはたぶん生まれて初めてじゃないかなあ。

 

もし数話見て、クソだなって思っても、最終話まで頑張って欲しい。

数話見れる忍耐があれば、残りも頑張れるはずw

 

 

 

ラストのオチだけが残念

 

ネタバレになるから言わないけど、このボロボロ泣いた漫才のあとが謎。

これが又吉先生の才能で、これを評価されて芥川賞とったんかもしれないけれども、僕からしたらマジでいらなかった。漫才で終わればいいのにって。

結局主人公が先輩の自伝を書くっていう必要性もわかんなかったし…

それだけがちょっとモヤモヤポイント。略してモヤポイ。

 

 

まとめ

 

これだけのためにNetflix入るっていうのは微妙かもしれないけれど、お笑い好きなら見ても後悔しないし、楽しめると思います。

 

もちろんこれ以外にもNetflixには面白いドラマ、映画、アニメがいっぱいあるのでおすすめ!

登録はこちらからどうぞ。

ちなみにこのリンクから登録しても、Netflixにはアフェリエイトの報酬がないので、ボクにお金は一切はいりません。なのでどうかご安心ください。(よかったらお金ください)

 

 

終わり。