ストマックバンド

京都府の端っこからあなたへむけて発信中

嫌いなやつをちょっとだけ許せるコツを教えます

 

こんにちは!モジャオです!

 

なんでかわからんけどさ、学校とか会社とかちょっと大きめのコミュニティに、絶対一人は嫌な奴っているじゃないですか。

会社を辞める理由の第一位が人間関係っていうのもわかるもん。ホンマ頭おかしいんじゃないかってくらい性格悪いやつおるからな。そういうやつはできるだけ苦痛を味わってから息を引き取ってほしいよね。

まあそんなコミュニティ以外でも、例えば街にいる目を合わせたら殺られそうなDQNとか、バカみたいにうるさくて常識のない男子小学生とか、運転中にクソシビアなタイミングで道を渡ってくるお年寄りとか、お釣りの渡し方が雑な店員とか、やたら遠回しにしょうもない自慢してくる友だちとか、ただただあざとい子役(寺田心)とかさ、誰もが日々を生きる上で、嫌いってまでは行かなくてもそれなりに腹立つ人がいると思うんだけど、今日はそんなやつに心をすり減らしてるあなたへ、ボクが中学生のときからやってる、『嫌いなやつをちょっとだけ許せるコツ』を教えます。

 

 

 

よし、じゃあもう早速結論から言おう。

 

嫌いなやつがいたら、そいつのおばあちゃんを想像するのです。

親はダメよ。クソみたいな人間の親もまたクソ野郎っていうパターンはよくあるからね。

ただおばあちゃんってぜったいどの孫にも優しいじゃん。

んでどの孫も、おばあちゃんって好きじゃん。

今となってはただただ性格の悪い大人になった人間も、幼少期には優しいおばあちゃんに肩たたき券をあげたり、逆にお年玉をもらったり、縁側で一緒にオヤツ食べたり、そういう絵を想像するとほら、なんか許せる感じしない??

アイツにあんなこと言われて腹立ったけど、でももしかしたらアイツ、毎年おばあちゃんのお墓参りに、大好きだったお花を持って行ってるんかもしれんよなあって思ったらほら、なんかちょっと泣けてこない??

 

多分これはドラえもんの影響がすごくて、ボクがこの妄想を使うときに浮かぶ顔は絶対のび太のおばあちゃんなんだよな。

 

f:id:afroqp:20170601144538p:plain

 

ボクはこのおばあちゃんが好きすぎて、映画を何回見てもないちゃう。

だからあなたもムカつく奴のおばあちゃんを思うときは、のび太のおばあちゃんを思い浮かべてほしい。

ちょっとだけかもしれないけど、傷ついた心を包み込んでくれるはず。

 

のび太の結婚前夜/おばあちゃんの思い出新装完全版―映画ドラえもん (てんとう虫コミックスアニメ版 映画ドラえもん Vol.)

のび太の結婚前夜/おばあちゃんの思い出新装完全版―映画ドラえもん (てんとう虫コミックスアニメ版 映画ドラえもん Vol.)

 

 

f:id:afroqp:20170601145143j:plain

 

なんか記事書いてたら泣けてきたな…ボクもおばあちゃんに優しくしよ…

ただ、自作したカフェ風インテリアを嬉しそうに紹介する主婦だけは許さないからな。

 

 

おわり。