ストマックバンド

京都府の端っこからあなたへむけて発信中

友だち自慢をやめませんか

いや~マジに書くことないね。

バレンタイン??なにそれ?よく知らないわ…

 

 

 

 

 

ほんでなぜにこんなにも書くことないかって思ったら、やっぱ友だちがすくないんだよね。

友だちがいたらなにかしらネタができるじゃんね。

 

同窓会にいって、改めて思ったんやけども、

 

 

ぼくは友だちがすくない

 

 

えっ?泣いてないよ?目汗。最近目汗をよくかくんだよね。ウン・・・

 

 

いやね、久しぶりに会った友だちとか知り合いと話すときって、やっぱり共通点を探すやないですか。

で、それの最たる例が

 

「○○君わかる??△△部のさ~!私めっちゃ仲良くて、、、」

 

「イッコ上の先輩の○○さんっていたやん??」

 

「えっ!○○くんの彼女って○○ちゃんなん!?あ~そうなんや~~!!!」

 

これね。マジでこれ。あるあるやねんけどね。

 

 

 

 

 

 

ボクは誰もしらんのや!!!!

 

 

飲み会だろうがなんだろうが、そのグループ内でこういう系の話になったらもう何も言えない。

だってぼくはその話にでてくる人を誰も知らないんだもの…ほら、ボクって友だち少ないからさ…

まあ例えばやけど、その人を一切知らなくてもクスっとできるような話があればいいのよ。

でもほとんどが「知ってる」っていうことの確認だけでおわるのよね。

 

いやそのハナシいる!!!??って思うんですよ!!

 

 

まあ部活もバイトもろくにやらず、仲がよくて居心地のいいグループというぬるま湯に浸かりきっていた、

今までのボクが悪いんだけどもね。でもやっぱりさ!!

 

誰がどうとかじゃなくて!!君自身のはなしをきかせてくれよ!!そしてぼくのはなしを聞いてよ!!!

 

これは声を大にして言いたい!!

つい言っちゃうのはわかるけど!!!

ボク意外にも絶対こういう会話が苦手な人っていると思うんだよな。

だから自分も言わないように気をつけないとね。みんな仲良しがいちばん。ウンウン。

 

 

というわけでこんなクソめんどくさいボクをどうか嫌いにならず、これからも仲良くしてね。ブログ読んでね。

 

終わり!!