ストマックバンド

京都府の端っこからあなたへむけて発信中

幼馴染の結婚式に行ってきたよ

こんにちは!モジャオです!

 

日曜日は幼馴染の結婚式があって、それはそれは久しぶりにスーツをビシッと決めて、

髪の毛以外はフォーマルスタイルな新婦側友人として、ひとり大阪まで旅立ったのでありました。(鈍行で)

 

 

幼馴染っていってもたっちゃんと南みたいな感じでは一切なくて

今でも忘れへんのは中学生の時、やっぱり多感な時期だから

エッチな本なんかをベッド下に隠してたりしたんだけど、それをぼくがいないときに兄と一緒になって探し出して、

学校で「あんたがベッドに隠してるもん知ってるで~」って強請ってきたことで、

あまりにやりくちが汚いもんだから週刊文春の記者かと思いましたね。ハイ。

 

そんなこんなで喧嘩もいっぱいしたし、何年かホンマに嫌いになった時期もあったりしたから

幼馴染というか腐れ縁というか犬猿の仲的な感じだったんだけど、やっぱりお互い大人になって落ち着いてきたのか

無事こうやって結婚式にもよんでもらえるような仲になりました。

欲を言えば朝起こしに来てくれるようなかわいい幼馴染がほしかったけどね。

こっちは留守中にエロ本探されてるからね。まあいいけども。

 

 

ポケモンしながら2時間半、無事大阪駅についたはいいものの会場のホテルが見当たらなくって

ろくに案内してくれないグーグルマップを見ながら30分以上ウロウロして、

ようやくグランフロント大阪に入ってるっていうことがわかり、つく頃には時間ギリギリでした。

ギリギリとか言ってるわりに写真は撮っているという笑

 

 

 

 

 

今回の式は知ってる人が新婦家族とあともうひとりの幼馴染しかいなくて、

その幼馴染も含め同じ席の人らはみんな卓球部らしく、ボクだけアウェイな感じで、しかも受付をしてたもんだから、

受付も何も頼まれてないぼくはそれはそれはぽつんと孤独な開演前を過ごしたんだけど、

いざ始まってみたら卓球部のみんなはすっごく優しくていい子たちで

あれ?オレ卓球部やったっけな?って思うくらい仲良くしてくれました。

 

 

 

 

式ももちろんよかったけど、披露宴はゴージャスで料理も美味しいし、みんな笑顔でとってもすてきでした!

 

 

 

 

お色直しで和装になって、鏡割りっていうのを生ではじめて見たんですけど

なんとなくのイメージでもっとこうバッシャーン!ってなるもんかと思ってたら意外とおとなしめなのね。そらそうか。

 

 

 

 

余興はテーブルインタビューっていって司会の人がテーブルを回って、

参加者にサプライズでインタビューするっていうやつだったんだけど、

こんなん幼馴染やから絶対オレのとこ来るでしょw週刊文春のやつで会場爆笑だわwって

すごいイキって待ってたら、これがまたびっくりするくらい来なくって、

なんなら自分らのテーブルだけ完全無視してるくらいの感じだったから、

司会の人の僕を含めた福知山卓球部に対する期待されてなさが逆にサプライズでした。

 

 

そうこうしてるまに楽しすぎてあっという間に3時間の披露宴が終わり、

最後のエンドロールでぼくのどアップが会場に流れたあと(編集の謎チョイス)、

卓球部のみんなが一緒に帰ろうって誘ってくれたから、帰りはずっと話しながら帰りました。

 

中でも帰り際に高校が一緒っていうことに気づいて盛り上がったマサキくんは

初対面のぼくをわざわざ家まで送ってくれた上にまた遊ぼって言ってくれるもんだから、

めっちゃいいやつ~~~~!!って新婦の手紙くらい感動しちゃった

ちなみに嫁は引き出物がティファニーのグラスだったから

これめっちゃいいやつ~~~~~!!って感動してました笑

 

 

こういう出会いもあるし、幸せもわけてもらえるし、

いや~結婚式ってほんとにいいもんですね。

 

 

 

 

終わり!!